タブレットとバーコードリーダ連携がもたらすIoT

タブレットとバーコードリーダ連携がもたらすIoT

ドイツのインダストリー4.0の基本要素となるIoTの取り組みが度々新聞やメディアで取り上げられるなど盛んになってきており、日本の製造業様の中でも関心が高まっております。

製造業様においては、在庫精度や工場稼働率を向上させ原価低減を図ることが、経営改善を行い利益を確保する上で必要となります。
そのためには、如何に信頼性の高い実績データを簡単・スピーディに収集し、分析できるかが重要となります。

エグゼクスを活用いただく事で、モノ(例えば製造装置など)に蓄積された情報をシステムへ連携することが実現可能となりますが、より手軽に実現できる有効なソリューションとして、タブレットを用いたエグゼクスの活用事例を以下にご紹介します。

在庫管理タブレット バーコードリーダ連携

解決できた事出庫場所、部品、数量の人的ミスがなくなった

実績登録タブレット 生産管理システム連携

解決できたことリアルタイムで作業着手と作業終了が把握できる

製造原価の把握タブレット 生産管理システム連携

解決できた事精度の高い実績工数の管理により、原価精度が向上。(生産性向上のための改善が、直に原価に反映された)

実績収集が簡単になり、かつEXEX生産管理と連動することにより、

  • 標準工数と実際工数の差異分析(工場の無駄の発見)
  • 実際工数を反映させた原価計算(本当の利益が分かる)
  • 実際工数を反映させた生産スケジューリング(工場稼働率向上)
  • 自動車業界などでは必須のロットトレースが簡単に管理できるようになる

など、製品毎に原価費目毎の費用が見えて、どこにどれだけコストがかかっているかを「見える化」できます。

PDCA(Plan Do Check Action)による業務改善が、EXEX生産管理のタブレット機能によりリーズナブルに実現可能です。
製造現場のIoT化に関するお問い合わせ・ご相談はこちら
このページのTOPへ